スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

鳥飼玖美子さんのコラム(全文記載ブログ発見!)私なりの意見

最近、いろんなブログで目にして気になっていた鳥飼玖美子さんのコラム
最初に目にしたのは、まめっちママさんのブログ
それを読んで全文見てみたいと検索してみたのだけど、新聞記事で読者のためという考えなのか朝日新聞のHPなどにはUPされていなくて、図書館とか行って新聞を実際に見ないとダメかなと思っていたら、全部をUPしてくれているブログを発見しました。

what_a_dudeの日記
http://d.hatena.ne.jp/what_a_dude/20101021/p1

この方のブログは、ほかの記事もとてもおもしろかったです。

ずっとずっと気になっていたんです。
文法よりも会話が出来なければ意味がないから、文法をやっても仕方ないといわれるのは何でだろうと。
ずっと疑問に思っていて、腑に落ちなかった部分が、鳥飼さんのコラムを読んでスッキリとしました。

もっともっと早くこの記事を目にしたかったです。

鳥飼
英語教育は大きく変わりました。
学習指導要領は90年代にコミュニケーション重視に踏み切りました。
実利の要求と英語教育の議論、文部科学省の政策はリンクしています」
「今は文法・訳読を重視する人たちから、振り子を戻せという主張が出ているほどです。
コミュニケーション重視というが、効果が出ていない。
それどころか基礎学力そのものが低下しているというのが彼らの懸念です

疑問なのは、どうして英語教育の現状が一般の人に認知されないのかということです。
自分の子どもが通う学校の英語教育を知らないのでしょうか、教科書を見ないのでしょうか、不思議でなりません。
政府の審議会でも、経済界の偉い人たちが『学校英語はだめですなぁ』『読み書きばっかりやって、会話が出来なければしょうがない』とおっしゃる。
私が『この10年20年、様変わりしました。
いまは会話中心になっているのが問題で、読み書きは出来るというのは昔話です』と言うと不機嫌な顔をされてしまいます。


この内容にもびっくりしました。
基礎学力が低下というのは、まぁ・・・英語に限らないことだとは思うのですが・・・
今の英語が会話重視にシフトされているというのも知りませんでした^^;


shuが小学生になって、読み書き解禁、文法も教えていってます。(ワークなどで)
そこで気付いたのは、shuはやっぱり理解しないと口にしないタイプだと。
これは英語始めた頃から思っていたんだけど、和約させるのは良くないとか、意味を質問されても日本語で教えるのはよくないとか耳にしていたので、濁し濁して来たんです。
親が英語が流暢なら、英語で説明してあげるのが一番なんでしょうが、私にはそれができなかったので^^;
ただ、濁すことに意味があるのかと、興味があって質問してる子になんで日本語で答えてはいけないんだろうって。
せっかくの興味を潰すことになるのにって思っていたんです。

読み書きも文法もやっていくのは弊害じゃない!と思ったのは、今年サイパンに行ったことも大きな理由の一つです。
サイパンでコーディネーターをしてくれたNさんと色々と話をしました。
子供に英語を教えることについて、日本の英語教育について、世界を視野に入れた教育について。

目からウロコというか、Nさんの話を聞いていて、すごくスッキリしたんです。
Nさんは「日本の英語教育は良くないと親御さんたちは言いますが、私はそうは思わないんですよ。日本でやってる中学の英語はとてもよく出来ています。サイパンで日本人の子供に英語を教えるときに、私は最初にしっかりと文法を勉強させます。文法がわからないと上達しないんです。最初に英文をとにかく和訳させて、しっかりと文法を教えます。」

え???和約してもいいんですか??日本では小さい子に和訳はいけないと言われています・・・。

「shuくんは、読み書きが出来るし理解力あるから、どんどん和訳させて下さい。文法がわかれば会話として出てくるんです。コミュニケーション重視で文法をやらないと結局伸びないんです。会話は海外に2~3年住めば誰でもしゃべるようになるんです。でも、しっかりとした言葉で会話をしたり、読み書きをすることは、文法を勉強していかないと出来ないんです。くだけた日本語ばかり使ってる外国人と、しっかりとした日本語を使える外国人、どちらが信用できますか?って(笑)」

そりゃ、ボビーよりは、パックンの方が信用できるかな(笑)
まぁ・・・芸能界で活躍してる外国人でしっかりとした日本語喋ってる人はやっぱり頭がいいっていうか、しっかりと勉強してきた人だな・・・とは思います・・・。

Nさんは、発音についても気にすることはないと言っていました。
綺麗な英語を話せる人なんて世界の中で一握りで、あとはだいたい訛りがあるのだからと。

確かにサイパンでも、私の英語で現地の人はわかってくれました。
きっと、理解しようとしてくれたんだと思います。
あなたの英語は発音がわからないから、何言ってるかわからないわ!
なんて態度をとられることはありませんでした(笑)

鳥飼
お互いに英語が外国語で、下手な英語を話す人同士が『本当はあなたの母語が話せたらいいんだけど、ごめんなさいね』『いやいや私こそ、日本語を話せないのでごめんなさい。
しょうがないから英語で話しましょう』というわけですから。
日本人は日本人らしい英語を話し、中国人は中国人らしい英語を話し、でも基本を守っているから英語として通じる、コミュニケーションが出来る。
これがあるべき国際共通語としての英語です


今回鳥飼さんの話してる内容とNさんが話してくれた事が、すごく似ていたのでビックリしました。

鳥飼さんのコラムを読んで私的にすごく同意できたのは、私が働いてる環境もあるかもしれません。
私が働いてる職場の社員さんは、皆英語が喋れます。
海外の支社と合同で仕事をする部署だし、海外赴任もあるので、英語を話せるのは必須です。
定期的に英語のテストや研修もやっています。
でも、全員が帰国子女かというとそうではありません。
みなさん日本の大学を出て、そのまま就職しています。
英語を話す環境になって英語を勉強してきたようなんです。
でも、ほんとその辺にいるおじさんたちが、外国人と普通に英語で会話しているので、最初はびっくりしました。
でも・・・すごく発音のいい人って一握りです(笑)
発音は日本語発音でも、しっかりと会話は出来ていますよ。しかも難しいビジネス英語(笑)
ひどく訛っていなければ通じるものなんだなぁと思ったものです。

ただ、私がそういう環境に入ったとして、はたして私の職場の人たちみたいに、すぐに英語を話せるようになるのか??
と言ったら疑問です(笑)
なぜなら・・・私は学生時代英語の勉強が大嫌いでした。
中学のときは高校受験があったりもしたので、勉強はしましたし成績も悪くありませんでした。
でも、高校3年間で英語を勉強した記憶はありません(笑)
英検を取るような考えもありませんでした。
不得意科目 英語
と即答できるほど、英語が嫌いでした(笑)

そんな、私と職場の社員さんたちの違う点は、英語の基礎がわかってるかわかってないかに尽きます。
社員さんたちは、ほとんどの方が名の知れたそれも一流大学出身者(笑)
英語は苦手と言っても、私とは雲泥の差があるわけです(笑)
その基礎があってこそ、英語を話さなければならない環境になったときに適応できたのじゃないかなと思います。
では、なぜ文法よりも会話だ!という流れになったのか・・・

鳥飼さんのコラムの中に
40代以上の人たちは中学高校時代にさんざん読み書き文法をやらされたという記憶が強く残っているんですね。
なのに英語が話せない。いまの企業は厳しいですよ。話せないとだめだ、みたいな。
じゃああの英語の授業は何だったんだ、と。それが怨念になっているようです



とありました。
まさしくそのとおりです(笑)


結局、喋れないってことは、そういう機会に恵まれることが少ない環境にいる日本人にとっては仕方ない部分もあるし、間違ったら恥ずかしい、指摘されたら恥ずかしいと思ってしまう性格的なところにもよると思うんです。
今shuがWEBレッスンをやっていて、私が先生に何かを伝えたいって思うときに、とにかく単語が出てこない。
文法的なことがわからないので伝えられないんです。
コミュニケーションをとりたくても、単語も文法もわからなかったらお手上げです^^;
自分でも語彙を増やしていかないとダメだなぁと思うんです。

何が言いたいのかわからなくなってきたけど(笑)
結局は文法も会話もどちらかだけやればいいってことはないんだって確信
両方上手に取り入れていくことが大切なんですよね
偏った結果、喋れないってなるんだなって。
私たちが学生の頃、ネイティブの先生なんていなかったし(田舎だったからw)
英語を習っても英語を使う機会がなかったんですよね
それを考えると今の子は英語教室も沢山あり、WEBレッスンなんてものもあって英語を使う機会は作ろうと思えば出来るんですよね。
それを考えたら、学校で基礎をしっかりといれ、教室やWEBなどで会話をする機会を作れる今の子は喋れるようになる要素は大きいです。
なので、文法なんていいんだって考えるよりは、両方必要なんだって思ってやっていくのはいいことだって思います。
子供の時期を見て。(これが一番大事です)

男の子は特に日本語でも会話するのが苦手(笑)
それなのに、英語だからって会話重視でやっても、うちみたいに壁にぶち当たります(笑)
会話重視にもならないっていうか・・・。興味ないから、とっかかりが作れないんですね。
読み書きが好きならそれをやらせればいいし、それが会話につながることは多々あります。

鳥飼さんやNさんの話しだと、文法を習うことはとても大事だとされています。
私も文法でも会話でも、得意な方からやっていけばいいと思うんです。
こっちが先ってのがやっぱりおかしいと思うんです。
本人が興味があるのに時期が早いからと言ってやらせない方がいいとする考えがずっと腑に落ちなかったので、サイパンでのNさんとの会話と鳥飼さんのコラムは本当にスッキリできる内容でした。
あと1年早くお話を聞きたかった!(笑)

shuはやっと会話を楽しめるようになってきてるので、会話はレッスンにおまかせして、私はshuに基礎を入れていきたいと思います。
WEBレッスンで少しでもshuが先生が言ってることの意味がわかるようになること、どうやって伝えたらいいかがわかるようになること、語りかけができない我が家はそのあたりを勉強的にはなるけれど、ワークや絵本などで教えていこうと思っています。


鳥飼さんの著書(図書館で今取り寄せ中です)

危うし!小学校英語 (文春新書)危うし!小学校英語 (文春新書)
(2006/06)
鳥飼 玖美子

商品詳細を見る


小学校でなぜ英語?―学校英語教育を考える (岩波ブックレット)小学校でなぜ英語?―学校英語教育を考える (岩波ブックレット)
(2002/03)
大津 由紀雄鳥飼 玖美子

商品詳細を見る




★がんばってるshuに応援クリックお願いします~ヾ(*´∀`*)ノ
英語育児や幼児教育のブログが満載のランキング♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ e_04.gif にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
blogram投票ボタン


★ツイッターでたまにつぶやいています。
https://twitter.com/xrincox

今トライアルキットを申し込むと、2011年の手帳が付いています。
とてもかわいい手帳ですよ^^






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て│ジャンル:育児
英語育児 | コメント(2) | トラックバック(0)2010/11/01(月)11:35

コメント

今の英語教育って会話中心だったんですか。
それじゃ益々韓国に負けちゃいますね。
韓国の方と一緒にちょこっと語学学校で勉強した際にそのボキャブラリーの多さに、あー私、勉強不足だなぁーって思いました。学生時代、英語の成績は良かったんですけどね。
やっぱり文法や語彙力はとても大切だって大人になって英語を使う仕事をしていて改めて思います。
shu君、読めるからどんどん伸びますよ~会話も楽しめるようになってるし、これからが楽しみですね♪

2010/11/01(月)16:15| URL | エナタロ #- [ 編集]

★エナタロさんへ

> 今の英語教育って会話中心だったんですか。

私もビックリしました^^;
だとしたら、すっごく中途半端なのかもしれないですね

> それじゃ益々韓国に負けちゃいますね。
> 韓国の方と一緒にちょこっと語学学校で勉強した際にそのボキャブラリーの多さに、あー私、勉強不足だなぁーって思いました。学生時代、英語の成績は良かったんですけどね。

韓国は確かにすごいです
サイパン行ったときも、韓国人の家族と交流しましたが、気合が違うし、英語の勉強量も学校の勉強量もすごく多くてびっくりしました。


> やっぱり文法や語彙力はとても大切だって大人になって英語を使う仕事をしていて改めて思います。
> shu君、読めるからどんどん伸びますよ~会話も楽しめるようになってるし、これからが楽しみですね♪

もっともっと理解度が上がらないと読めてもどうなんだろうって思ってしまうけれど、読むことが楽しいってのはあるので、そこを取っ掛かりにしていければいいなと思ってます

英語を使う仕事してる人は、だいたい同じことを言いますよね
やっぱり実感してる部分が同じなのでしょうねぇ

2010/11/01(月)19:55| URL | rinco #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


■義援金募集■

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

■How old?■

■カレンダー■

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■プロフィール■

rinco

Author:rinco
働きながら親子で英語に奮闘しています。
ママは全く英語はできません・・・
プリやインターに通わずにどこまで英語を理解してくれるのか!
とうとう小学生になった息子(2004.1.26生)と楽しく英語に触れていきたいな。
2006.11 3歳を目前に英語教育をスタートしました。
ORT・洋書絵本を使用しています。暗誦も6歳にしてスタート!

■メールフォーム■

メールはこちらの
フォームから↓



■FC2カウンター■

■最近の記事+コメント

■リンク先更新情報■

■■■

■CATEGORY■

■ランキング■

■Amazonの洋書絵本■

■shuの本棚■

■英語の教材■

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ワールドワイドキッズ 無料おためしDVDプレゼント

ディズニー英語システムは

■BOOK STORE■






CTPやORTなど、その他にも沢山の洋書があります。
★Happy Reading

CTPを買うならここ!
MUM'S ENGLISH

Nellie's English Books

ミカサブックセンター

FBC

■ブログ全記事表示■

全ての記事を表示する

■クリック募金■

■リンク■

★このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請■

この人とブロともになる

■絵本読み記録■

[PR]が付いた記事は広告で無関係です。

■■■

■あると便利な一品■

★海外のDVDは
リージョンフリーのプレイヤー
がないと見れません!
格安な物が沢山出ているので
1台あると重宝しますよ♪
3990円!

★隙間時間にかけ流し!
TVやDVDの音源も簡単録音
手軽に持ち歩けて聞くこともできます。
お風呂でも聴けます。

★カード作りにあると便利な
ラミネーター

★1台あると本当に便利

■Yahoo!オークション■

■WEBレッスン■

とってもわかりやすい
比較サイト
オンライン英会話
比較ガイド

■小学生通信講座■

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

■学習関連の本■

■ブログランキング■

FC2Blog Ranking 育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

■QRコード■

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。